iRONNA」の最新記事

iRONNA

iRONNA

https://ironna.jp/1時間前

iRONNA

26415 竹嶋渉 元在韓ジャーナリスト。昭和40年代生まれ。平成になって渡韓し、日韓の歴史・文化を学ぶかたわら、日韓関係について研究を深める。韓国での日本関連報道の不正確さや韓国人の反日感情の不合理さに驚き、帰国後も韓国に対する取材を続ける。共著に『韓国・北 「次は誰だ」ク・ハラ自殺でも終わらない韓国ネット民の狂乱 元木昌彦 ジャーナリスト。昭和20年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。上智大や明治学院大、大正大などで非常勤講師(マスコミ論)を務めた。現在、インターネット報道協会代表理事。著書に『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版 元週刊現代編集長の直言「文春でさえ2025年で消える」 山田敏弘 国際ジャーナリスト。昭和49年生まれ。米マサチューセッツ工科大学(MIT)元安全保障フェロー。講談社、ロイター通信社、ニューズウィーク誌などに勤務後、MITを経てフリー。著書に『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)、『 「米国はもう崖っぷち」5G戦争、ファーウェイ排除のウラ側 岸本周平 衆議院議員。昭和31年、和歌山県生まれ。東京大法学部卒。旧大蔵省入省後、経産省文化情報関連産業課長、財務省理財局国庫課長などを経て平成16年退官。トヨタ自動車渉外部長を経て、第45回衆院選で初当選し、連続4選。野田内閣では内閣府政務官、経産 政権返上で使命を見失った民進党は一度解党して出直すしかない 佐野秀光 「安楽死制度を考える会」代表。昭和45年、東京都生まれ。日大在学中の平成元年に家庭教師派遣会社を設立し、その後実業家として複数の会社を経営。21年に政治団体「新党本質」を立ち上げ、その後名称を「安楽死党」、令和元年には「安楽死制度を考える会 「人生100歳時代」ただ長生きするより安楽死の方が幸せである 北沢栄 ジャーナリスト。昭和17年、東京都生まれ。慶応大経済学部卒。共同通信社経済部、ニューヨーク特派員などを経て、フリーのジャーナリストとして活動。平成17~20年、東北公益文科大大学院特任教授(公益学)。著書に『公益法人 隠された官の聖域』(岩 アマゾンの成功が教える「ZOZOのしくじり」 松本零士 昭和13年、福岡県久留米市生まれ。28年、高校1年のとき「蜜蜂の冒険」でデビュー。代表作に「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」など。産経新聞で55~58年に「新竹取物語 1000年女王」を連載。日本宇宙少年団理事長、宝塚大特任教授、京都産業

過去記事